裏 HS Works

日常の痛いひとりごと

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.10.08 Monday

ノリック逝く

0


    川崎署によると、阿部さんは同市川崎区大島1丁目の片側2車線の市道の右車線をスクーター型の500CCバイクで北上中、前方の左車線からUターンしようとした4トントラックを避けようとしたが、衝突して対向車線に放り出された。
    当初は意識があったものの、午後8時52分、搬送された市内の病院で死亡が確認された。阿部さんは胸を強打し、ろっ骨
    骨折や臓器の損傷などもみられた模様。

    阿部典史、通称ノリック。バイク好きなら知らない人はいないよね。まだ32歳だった。
    今年は全日本のレースをしながら motoGP のゲスト解説、8耐にも初出場。
    こないだもてぎの日本GPのテレビ中継で見たばかりだったし。
    レーサーが公道で交通事故死?なんてことだかね...
    4年前の加藤大治郎に次いで、また一人日本人GPライダーがお亡くなりになりました。

    ノリック、今まで夢をありがとう!安らかにお眠りください。合掌。

    2007.09.25 Tuesday

    motoGP at ツインリンクもてぎ

    0


      今年は motoGP 至上初、日本でシリーズチャンピオンが決まっちゃいました。
      Casey Stoner、若干21歳の2年目。去年は HONDA RC211V で走るもランキングは8位。
      今年はドゥカティワークス・チームに移籍、Desmosedici GP7 で序盤からぶっちぎりの速さ!
      今年からレギュレーションが 800cc にダウンしたんだけど、ホンダやヤマハはマシンが完成しきれなかった。
      ドゥカティだけは 800cc マシンがばっちりフィット。6年目のブリジストンタイヤもここに来て開花!
      そこへ移籍してきたストーナーがみごとハマったってわけ。
      ストーナーがあまりにも速すぎるので、各メーカーはドゥカにレギュレーション違反だと抗議してマシンを調べた程。

      何故かもてぎに強いカピロッシが、もてぎ3連覇で優勝しちゃうし。
      ストーナーは6位だったけど、ランキング2位のロッシがいろいろあって14位フィニッシュだもんね...
      ロッシがストーナーより前でチェッカーを受けなければストーナーのチャンピオンが決定しちゃうってレースだったんで、
      14位じゃ話になんねーよなあ。
      今回は前半はウエットで中盤からはドライっていう難しいコンディションで、いつレインタイヤからスリックに交換するか、
      ってタイミングでロッシだけ先頭グループで1周遅れてピットインしたのが仇になったのかね。おまけにマシンを交換したら
      コースアウトしちゃって... 気の毒なロッシだったけど、今年はすべてストーナーの味方になっちゃうような感じでした。

      ってなわけで、ドゥカとブリジストンにとって、今年は良い年になりましたね。
      チビで子供のストーナーも結婚したんだって?!そりゃビックリ!おめでとうございます!

      2007.09.23 Sunday

      motoGP 直前!新宿ステーションスクエア!

      0
        9月19日、新宿のアルタの目の前のステーションスクエアに GP ライダーが来た!
        17時からはストーナーやら玉田やら!18時からはロッシやら中野やら!
        見に行きたかったけど仕事だもんねー。そこで見に行った友達からデジカメ画像を入手!
        もの凄い人だかりになったそうで、motoGP 人気も捨てたもんじゃないっすねー!
        司会は日テレの藤井貴彦さん。インタビュー形式で抽選会などもあって楽しかったそうな。
        ストーナー達の1部には間に合わなかったらしく、偶然外で見かけたらチビで子供みたいだったって。
        ではややさびしいけれど2部に出演した選手達をご紹介!

        まずは滅多に生で見れない Carlos Checa と Chris Vermeulen!



        今年はコニカミノルタでホンダマシンの中野真矢!王子〜!





        この日はこの人のために皆集まったと言っても過言ではない、Valentino Rossi!





        同じ FIAT YAMAHA のチームメイトの Colin Edwards も登場!
        手前のドカはストーナーのだねえ。しかしあのガキ強いっす〜!(>_<)/



        最後はオマケ。1部が終わって帰るヘイデンと、王子の後頭部のアップ!
        おいおい、結構アップなのになんで後頭部なんだよヒデキチ〜!(^_^:



        さーて、今日はその motoGP、もてぎで決勝ですよー!
        今年もまたテレビ観戦だけど、玉田も中野も応援してるぞ!頑張ってねん!
        14時から日テレで。見逃すなよ〜!

        2007.04.03 Tuesday

        第33回東京モーターサイクショウ

        0
          久々にモーターサイクショウに行って来たよ!

          3/30 〜 4/1 まで有明ビッグサイトで開催された第33回東京モーターサイクショー。
          各メーカー市販車のニューモデルはもちろんだけど、GP マシンが拝めるのも魅力!
          やっとキャブが直った ZRX と友達の CBR1000RR で有明に行ってみた。
          とりあえずいくつかご紹介!まずは昨年シリーズチャンプのヘイデンの RC 211V !! ?



          ジャーン!2007 ペドロサの RC 212V !! 今年から 800cc になってやや小ぶりになった。
          ヒップアップしたショートテールがかっこいい〜! ?



          お次はロッシ!まずは 2006 のキャメルカラーの YZR-M1。 ?





          で、これが 2007 新型 800cc YZR-M1 !! かっこいい〜!欲しいよ〜!でも2億円っすか〜?! (>_<)/ ?





          カピロッシの 2007 DESMOSEDICI GP7 !! 今年はなんかドゥカも速いよね、混戦になるのは面白いから頑張れ〜! ?



          カワサキとスズキは GP マシンなかったなあ。あ、ホプキンスのがあったような... でもどっちみち撮ってません...

          全体的にはメーカーもやはりスクーターをイチ押してる印象の展示会だった。
          GP マシンのメーカーがほとんど日本なのになんで国内では見せないように見せないようにするのかね?
          昔80年代にレーサーレプリカブームが起きたとき、NSR で次々若者が亡くなり殺人バイクと言われた例もあったけどさ、
          今のスクーターブームだって現状は同じなわけで。
          現代的にはレーサーレプリカってのは確かに便利さに欠けるけど、それでも好きなファンも大勢いるわけだし。
          CBR600RR なんてポジションも意外と楽だったしその気にさせちゃう大人のマシンって感じで良かったよ。

          2006.11.06 Monday

          中野真矢コニカミノルタへ

          0
            王子は来季から正式にコニカミノルタホンダへ移籍が決まった。
            3年間カワサキチームの顔としてライムグリーンも定着していただけに
            ちょっと残念。
            でもまあ中野は何処へ行っても中野だからね、来年も応援しよう!

            来年から排気量が 800cc に変更。
            新型マシンの開発競争ではワークスとそうでないチームとの差が
            やはり出ちゃうんだろうね。
            来年から新たな幕開けの MotoGP、3月まではおあずけだけど楽しみ
            だよね!

            で、コニカミノルタだった玉田誠は来季からはテック3ヤマハへ移籍。
            玉田も今年はイマイチの成績でホンダワークスに返り咲くどころか
            また移籍ですか... 頑張れ〜!(>_<)

            2006.10.30 Monday

            MotoGP 第17戦 バレンシア GP、またもや大波乱!

            0
              いや〜!今期最終戦、まさかのシナリオでした〜!
              5ラップ目、まさかのロッシ単独転倒!



              こんなのって、あるんだね〜!でもこのあと起き上がってレースに復帰!最下位から追い上げるロッシ!
              残り20ラップで17位、もしかして8位以上で終われば可能性も?
              小回りのサーキット、続々転倒してロッシの順位も少しづつ... 奇跡のドラマが起こるのか〜?

              でもマンガみたいに最終ラップでなんとトップ集団に追いついた〜!なんてことにはならなかった。
              ロッシも人の子,13位でフィニッシュ。...ってことは?



              そうです、ミスなく30周走ったヘイデンは3位でフィニッシュ!
              えーとロッシとは8ポイント差があってこれでプラス16でロッシはプラス3ポイントだから、わかんねーや、
              とにかく土壇場でニッキーの逆転優勝〜!

              ロッシは予選でポールポジションを得たのにね、本人曰く、スタートでもミスったらしい。
              ロッシはニッキーが好きだからニッキーの優勝も喜んでましたねえ。

              今期は転倒が仇になったロッシ。転ばないで有名だっただけに最終戦でも因果な結果で残念。
              来年はいよいよ排気量が 800cc に縮小、中野も玉田も移籍話が確定?今後のアナウンスに注目ですね!

              実はおいら、2004年のもてぎでニックと握手してサインも貰ったのだ!
              その頃は今より痩せててロン毛でかっこ良かったわっ!ラブ まあ今年は去年より痩せたみたいで良かったねえ!
              ニッキー、ワールドチャンピオンおめでとう〜!拍手

              2006.10.16 Monday

              MotoGP 第16戦 ポルトガル GP、大波乱!

              0
                いや〜!大変なレ−スでしたねー。
                まず、我らが中野真矢はなーんと、1週目で転倒リタイヤ!タンカで運ばれちゃって...
                本人のコメントではホプキンスが接触してきて転倒しちゃったらしい。怪我は軽症ですんだらしいけど、残念!
                そんで、2周目ににはストーナーとジベルナウが接触転倒、リタイヤ!
                3周目からはロッシ、ペドロサ、エドワーズ、ヘイデン、の順でトップ集団を形成、そして5周目にヘイデンの後ろ、4番手
                を走っていたペドロサが無理にインから突っ込んでフロントロック?で転倒、な〜んとヘイデンを巻き込み両者転倒!
                バカじゃね〜の!レプソル同士で〜!なんで無理してわざわざヘイデンを抜きにいくんだよ?!
                ヘイデンはもう怒りまくり!そりゃそーだよなー。可愛そうだったなあ...
                これでキャメルヤマハのロッシ、エドワーズのワンツー体制。

                後半凄かったのは 250cc チャンプだったエリアス。チームメイトのロッシのためにブロックの走りに撤するエドワーズを
                無茶なラインでかわし2位に浮上、20周目にはエリアスがロッシを抜いて首位に!
                ( エリアスは 250cc 時代、このエストリルサーキットは得意だったんだってね。)
                その後2人のバトルは何故か様子見状態?に。その間にケニーロバーツがエドワースをかわし3位に浮上。エリアス、ロッシが抜いたり抜かれたりのまま、27周目には父ちゃんのシニアが見守る中、ロバーツが念願の首位になった!
                そんで目まぐるしい攻防のままエリアス、ロッシ、ロバーツ、の順で最終ラップへ。
                ロッシは最後のシケインでエリアスをパス、最終コーナーをトップで回ったけど... エリアスが長〜いストレートでロッシに
                約10センチ差?でゴール。1000分の2秒差?で初優勝!
                ( 表彰台の前でいいだけロッシにはたかれてたけどね... ありゃ激励にしてもはたき過ぎだろ?)
                いやートップスピード300Kmオーバーのストレートと70Kmくらいで回るヘアピンも多い難しいエストリルサーキット、
                実に見応えのあるレースでした!



                これでロッシは2位だったから20ポイントゲットで、ヘイデンにマイナス12ポイントだったから、逆に8ポイント差をつけて遂にランキング首位になっちゃった!
                ヘイデンは相当悔しいだろーな!チームメイトの、今年デビューのペドロサに巻き込まれて転倒リタイヤでノーポイント...
                いよいよ29日のバレンシア最終戦、まだまだ最後まで分からない。どうなる?チャンプ争い!

                おまけ
                3位入賞のケニーロバーツ、みんな知ってると思うけど旧姓ケニーロバーツ Jr。あははっ!
                何年か前、偉大な父ちゃんケニーロバーツが息子の Jr を一人前と認め、今日からお前はケニーロバーツを名乗れ、わしはシニアになる。と、父ちゃんがケニーロバーツ シニアに改名しちゃった!
                あり得ねーけど本当の話。どうなってんだかね... (^_^;)

                2006.09.26 Tuesday

                中野真矢の走り!

                0


                  24日の中野真矢の転倒シーンを探したんだけど、ないね〜!
                  この左の写真、これから転ぶんじゃ〜?と思ったら予選のときの軽快な走り!
                  こんな倒れてんだよなー、ハングオンっていうか、なんだこれ〜?!(^_^;)
                  真ん中はヘイデンより前を走る中野。かっこいいー!
                  右はレース後、ちょっと左腕が痛そう。骨折とかはしなかったようで何より。

                  以下、カワサキにご本人のコメントが載ってました。

                  今日はベストを尽くした。最終ラップ、セテに追いついたし、日本のファンの前で、このままでは終われないと思った。
                  終盤の90度コーナーで勝負した。コーナーに入って行ったときは、すでに前後のタイヤが滑っていて限界だった。
                  このまま行けば、セテにぶつかると思ってマシンを起こした。と同時に、セテが思った以上にかぶせてきたので、セテの
                  リヤタイヤと僕のフロントが当たって転んでしまった。フィニッシュ出来なくて残念だったが、やるだけのことはやった。
                  応援してくれた地元のファン、チームには申し訳ないが、悔いのないレースだった。

                  もうラストチャンス、仕掛けたくなる場面だったし、結果転んじゃったけど、ナイスガッツ!って感じでオッケーさ!
                  ロッシも残留する程来年の新レギュレーションは面白くなりそうだしね!頑張れカワサキ!
                  頑張れ中野真矢!

                  2006.09.24 Sunday

                  MotoGP 第15戦 日本GP 速報!

                  0
                    MotoGP 第15戦 日本GP 速報!

                    今年ももてぎに行けなかったおいらはテレビ観戦でした。

                    まず23日の公式予選で、昨年のポールタイムよりコンマ7秒速いベストラップをたたき出したロリス・カピロッシが今年ももてぎでポールポジション。ドゥカティはもてぎ強いねえ。
                    ロッシはギリギリでタイヤ交換してたたき出したタイムもカピロッシにわずか 0.267 秒及ばず2位。
                    中野真矢はなんと4位!もしかして表彰台狙えるんじゃ〜?!先週のオーストラリア戦のこともあるしね!

                    24日、いよいよ決勝!
                    何故かもてぎじゃめっちゃ速いカピロッシがレースをリード。メランドリ2位、ジベルナウ ( ジベルノーね ) をパスして
                    きたロッシが3位、中野は6位、ヘイデン8位、玉田は12位。
                    トップ集団の3台はコースレコード並みの速さのイタリア人達!4位以降に溝をあける。
                    15周目のS字でロッシがメランドリをパスして2位に!ジベルナウ4位、中野が5位、ヘイデン6位のまま最終ラップへ!
                    結局カピロッシのペースは下がらずそのまま優勝。
                    ロッシは途中から無理しなくなってって確実に2位で20ポイントゲットって感じでそのまま2位でフィニッシュ。
                    メランドリもそのまま無事に3位入賞。
                    中野はジベルナウを射程距離に置いてたので最終ラップの90度コーナーで仕掛けてたが... な〜んと接触転倒〜!
                    そこは去年ロッシが転んだとこじゃ〜ん!最後の最後でよ〜!もったいね〜!
                    結果、ジベルナウ4位、ヘイデンが5位でフィニッシュ。
                    ロッシはまだ今期ランキングトップのヘイデンとのポイント差をこれで12ポイント差にまで詰めた。
                    残るは2戦。果たして... 微妙〜!



                    中野は大丈夫だったかな?ちょっと腕?を押さえてたのが気になったけど...
                    以前300キロでタイヤがバーストして吹っ飛んでもピンピンしてた彼だからね、大丈夫だよね?

                    とまあ、ヘイデンはもう余裕こいてらんねーぞ!ロッシは怪我も治って本気モードだし、残る2戦は楽しみだね!
                    以上、日本GP でした。
                    あーあ、ロッシのサイン会もやってたぜ!行きたかったよな、ヒデキチ!

                    PS: そうそう、日本ではセテ・ジベルノーで通ってるけど、スペルでは Sete Gibernau となっています。
                    ロッシはインタビューでセテのことジベルナウって言ってるんだよね。
                    発音はお国によって違うから本当はどうだか分かんないけどね。
                    ロッシはイタリア人でセテはスペイン人、日本人にはジベルノーって聴こえたのかね?

                    2006.09.19 Tuesday

                    MotoGP 第14戦 フィリップ・アイランド

                    0
                      こんな光景が拝めるとは!


                      予選で会心のアタックが決まり、スタートは2番グリッドをゲット!
                      本番、見事なスタートダッシュ!レース序盤に緑のマシンが4秒差でブッチギリの1位!興奮したなー!
                      決勝が始まって急に雨が本降りに。バイクのタイヤ交換て、レインタイヤ着けたマシンごと乗り換えるのね。
                      中野だけみんなより1周遅れてピットイン。結果論だけどね、タイミングはどうだったのか...
                      コースに復帰したタイミングは2位、結局は8位でフィニッシュ。
                      残念だったなー。雨のせいにはしたくないけど仕方ないかね...
                      っていうか、ハプニングでも味方にしないとカワサキは辛いのです。いい夢見れたけどね。(>_<)

                      しかしロッシときたら... 結局3位入賞してるし。ヘイデンは5位だから21ポイント差まで詰めてきたよ〜 !!

                      いよいよ今週末は日本GP!頑張れよー中野真矢!( 玉田もね!)

                      ▲top