裏 HS Works

日常の痛いひとりごと

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.02.01 Thursday

ペンタブレット WACOM FAVO CTE-640 その2

0


    前回試し描きで好感触だった WACOM FAVO で今度はきちんと描いてみました。
    どうしてもフォトショップが必須になっちゃうけど、参考までに簡単に作り方の説明などを紹介します。

    まず女の絵をフォトショップでブラシを使い輪郭を描きます。
    塗りは後で修正が楽になるよう、顔の線と塗り、髪の線と塗りをそれぞれレイヤーにしておきます。
    バックはグラデーションで適当に塗ってみて、いい感じの模様を探します。
    装飾にイラレで作った葉っぱをレイヤーに置いてみます。ここまでだとこんな感じ。↓



    う〜ん、これで完成でも良いんですが、つまらないのでフォトショップでエフェクトなどをかけて加工してみます。

    イラレで作った紅葉の葉っぱは春っぽく見えるよう色調を緑に変更し、ポスター風のエフェクトをかけます。
    こうしちゃうと紅葉じゃなく見えるでしょ?でも今度はアレに見えちゃうけどね... (^_^;)
    次に女とバックのレイヤーを統合し、同じポスター風のエフェクトをかけます。
    ( このように同じエフェクトでも全部統合してからかけず、分けてかけると感じが変わるのでオススメです。)
    更に全部を統合し、明るさコントラストを調整します。
    最後にテキストを入れれば完成です。

    上の方の画像は gif アニメーションというもので、二枚の画像が交互に出て来ます。
    緑バックの絵は、ポスター風のエフェクトをかける前に最初の黄色バックをコピーし、色調を緑に変更してから同じ手順で作ったものです。
    この二枚の画像を gif 形式で書き出し、gif アニメを作るソフトを使い作成、保存します。
    Mac では GifBuilder carbon という定番ソフトで簡単につくれちゃうんだけど、Win は分からないねえ...

    なんとなく分かっていただけました?
    最初は誰でも簡単に!とは正直いきませんが、慣れればこれくらい3、4時間で作れちゃいます。
    ペンタブとフォトショップは無敵ですね!ヽ(´∇`)ノ

    2007.01.25 Thursday

    ペンタブレット WACOM FAVO CTE-640

    0
      WACOMFAVO というペンタブを買ってみた。

      おいらは Mac。
      さっそくフォトショップで試し描き。
      筆圧も好感触で凄いもんだね。
      10年前に使ってたモノとは大違い。
      ペンでもマウスモードになるんだね!
      コードレスマウスも付属!
      絵を描く以外の普段の作業も楽になった。
      イラレでもいい感じ!もっと早く買えばよかった。
      付属のソフトは全部 Win 用だったんでまだ試せて
      ません。( 使わないかな... )
      こりゃ Win 用にもう一つ買ってもいいかも。
      もし高機能マウスを買うならペンタブがオススメ!
      一度使うと手放せません。

      WACOM のページを見てみよう!→ コチラ!

      ちなみにおいらが買ったのは → コレ!

      ペンタブとアニメソフトバンドルのコミックパックってのがあるんだけど、どうしてああいうパッケージなのさ!
      ロリロリ深夜のアニメよろしく、怖くて HP すらよく見れません!→ コチラ!

      おいらは標準セットを買ったのでこのソフトは無くて、フォトショップがあるからいいかーって思ってたんだけど。
      ソフト的には使えそうだから後で買ってもいいかな?なんて思っていたら...
      まあ、パッケージや HP がヤバイ!こっちはそういうんじゃないのに使いたいのに〜!( HP 製作に使いたいのさ。)
      お店で買ったりしたら世間の目はそうはいかないでしょーねえ。
      ま、とりあえず Win 用ソフトなのでもう一つペンタブ買わないと使えないし、そんとき考えますか...

      なんつーか... もっとおまえらよー、どうせなら生身の女に入れ込めよー! (`□´)/
      ( 文句があってもブログ攻撃すんじゃねーぞ!路地裏で会って話そう。)

      2006.11.11 Saturday

      可決された下北沢地区地区計画

      0


        10月18日、下北沢で世田谷区の都市計画審議会において可決された下北沢地区地区計画。
        環7と同等の道幅 ( 幅26m ) の 都市計画道路補助54号線 をど〜んと作る。
        小田急線が地下化と同時に駅前広場を作り 区画街路10号線 という大通りを作る。
        当然大規模な立ち退きが伴い街の景観は大変貌。
        住民側もむやみに反対ばかりではなく専門家を数多く招集、改善案、代替案を世田谷区に出してきたが却下。
        そもそも50年も前のこの構想を何故今断固強行するのか。
        所詮東京ローカルなこの問題なんだけど、東京でライブ後打ち上げといえば下北。
        音楽、演劇、アーティストを志す者は必ずお世話になってきたこの街。
        あの街並が文化であり歴史であり思い出なのに... もうどうにもならないのか?

        意外で驚いたのはこのバナーのリンク先で現在の署名数 18,615人 となっていたこと。少ないよね?
        もの凄い数かと思ったんだけどね、署名をして貰う宣伝活動範囲が狭いんだろうか。
        この HP でも署名が出来るので反対の方は是非。

        お役所仕事ってどうしてこう一度決めたことは曲げないで遂行するのが使命みたいなことになるんだろう。
        突っ込まれると不透明さが拭えないから、憶測が憶測を産みきっと談合で儲けてる奴がいるに違いないと思ってしまう。

        今からでもなんとかなるならなんとかしたいこの問題、興味を持ってくれたならバナーをクリック、詳細を見てみてね!

        13:52 | その他 | - | - | - | - |
        2006.05.25 Thursday

        補助54号線計画

        0
          東京都世田谷区 下北沢
          下町風情を残しながらも若者の街でもあり、劇場、ライブハウス、バー、屋台、夜は様々な顔を持つ街。
          実はこの街が21世紀のモデルタウンとしての優先再開発の対象になっている。
          行ったことがある人は分かると思うけど、たしかにごちゃごちゃしてて道も細い。
          世田谷区行政は災害時などの導線の確保の目的で、駅前を中心に大規模な開発を実行するつもり。
          問題の焦点は駅前にロータリーを作り道幅26mの大通りをドーンと作る、補助54号線計画というやつ。
          この道路の計画は今から50年も前の構想で、何故今なのか、そんな大通りが本当に必要なのか、
          街の人との接点を見いだす努力もせず、50年も前の構想に140億円!の巨額な税金を投入し、開発を強引に
          進めようとしている。

          この数年、住民と区の意見がまとまらないまま社会現象になっている。

          おいらも下北には思い入れがあるし、世田谷区民だし、あの街並を別な景観に作り替えちゃうとなると、
          責任者は歴史の教科書に載るくらいの重みのある事態をやってのける、ということになると思うんだけど...
          たとえ文化財に指定されてなくとも、あの街の景観こそが文化であり歴史なんだけどね。
          しかも住民もやみくもに反対ばかりせず、各分野の専門家も参加して作ったきちんとした住民案も提示しているわけ。
          役所側は柔軟な姿勢を見せることは無いし、頑に50年前の構想を具現化しようとしている... なんだかなー。

          たぶん今までも日本の何処かで同じようなことがいっぱいあったんだろうけどね、東京の名所なだけに問題が大きくなって
          報道までされるのは全国的に見れば不公平かもね。

          さて、マスコミも動き出したこの問題、今後どうならることやら。

          ▲top