裏 HS Works

日常の痛いひとりごと

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2010.11.14 Sunday

G4 に 1TB の HDD を! その1

0
    1TB の HDD が6千円を切った!ので、G4 MDD 御大に装着してみた。

    作戦は、Tiger, Panther, OS9, 倉庫1, 倉庫2, の5つのパーティションを切って1台で済ます作戦。
    SATA カードで今まで 500GB で動いていた HD も寿命っぺーので、思い切ってみることに。

    まず Tiger インストール。おっ、起動も2秒程速くなったぜ!
    HD も熱を持たないし、静か!さすが〜!と浮かれていたのだが...

    お次に Panther インストール。インストールは完了したものの、HD から起動しない。
    起動時に Option を押しっぱなしに。え”−!起動ディスクに出ねー!
    Tiger で起動後、起動ディスクで見てみると、OS 10.3 選ばれてる。なんでー?

    ・PRAM クリアー、SMU リセット、Open Firmware で nvram クリアー、リセット。すべて効果なし。
    ・もう一回 Panther インストール。やっぱりダメー!

    げっ、mac 歴20年、こんなんで躓いたことないっすー。

    頭来たんで Panther のインストーラーでフォーマットし直してパーティション切り直し、Panther をインストール。

    なんだ、起動するよ。

    じゃあ Tiger もインストール。

    え”−!また Tiger は起動ディスクで選べるのに Option 押しっぱ起動でスタートアップマネージャーに出て来ない!

    さっぱり意味わからん!

    つまり、ファーストパーティションの OS でしか起動しないっぽい。

    実際、複数 OS の HDD は今まで何度も作ってきた。前回の 120GB, 500GB も当たり前にできていた。
    1TB の仕様なのか??そんなのはググっても出て来ないぜ?


    ■まとめ

    ・SATA カード + 500GB では、Tiger, Panther, OS9 を起動切り替えできていた。
    ・今回同じ SATA カード + 1TB では、ファーストパーティションの OS でしか起動できない。
    ・1TB の HDD は 500GB と同じシーゲートのバラクーダ。
    ・しかし、「起動ディスク」では選択できる!
    ・しかし、Option 押しっぱなしで「スタートアップマネージャー」を起動するとそこに出て来ない!
    ・起動できない OS の入ったパーティションはにも、普通にフォルダー内部にアクセスできる。
    ・ディスクユーティリティで修復しても何も問題すらない。
    ・PRAM, SMU, Open Firmware, の各リセットをしてもダメ。
    ・ちなみにうちに転がってた 120GB の HDD に二つの OS をインストーラーで入れたら起動切り替えが普通にできた。
    ・インストーラー DVD のせいではない。

    きいい〜!どういうこと??

    ■仮説

    ・1TB HDD にはパーティションへのブートローダーみたいなのが書き込めない。
    ・これが仕様なのか、不具合なのかは不明。
    ・プラッターが 500GB なので、ひとつの ID としてみなされないのか??

    まあ、流石にもうどうにもならないので、シングル OS として使うか、win に入れるかだよなあ。

    こういう事例ってあるのだろうか。
    G4 に 1TB ってのもレアだろうし、更に複数 OS で起動切り替えなんて事例ねーよなあ。

    もしもどなたか情報があれば是非共有したいです。
    よろしくお願いいたします!

    2010.10.10 Sunday

    G5 Dual 1.8GHz PPC 強制スリープ問題 その4

    0


      ↑ 熱伝導グリス。ダイアモンド含有率92%だって。素晴らしいらしいので購入。

      今回は巨大なヒートシンクを剥がして、CPU との接合部分のグリスを交換だい!
      下のがヒートシンクを剥がしたところ。
      赤い矢印の4カ所を六角レンチのネジで固定している。だけ?ガッチャン!とか無いんだ。まあ、楽で良いんだけど。



      でね、グリスを塗り直して組み立てて電源オン!
      あれ〜?変わんねー!
      3階塗り直してみたよ。けど温度は下がらなかった。グリスじゃないんだ...

      ■ 検証 1
      ・二つの CPU ブロックを外し、CPU A と思わしき方を上段にのみ取り付けて起動。
      → 問題なくG5 シングルで認識して起動。温度は高いまま。
      ・CPU B を、上段のみに取り付けて起動。
      → 恐ろしい勢いでファンが回り、リンゴマークで進まず。ビビって電源コードを抜く!笑
      ・CPU B を、下段のみに取り付けて起動。
      → 起動しない。電源が入らない。

      なるほどねえ、見た目同じなんだけどなあ、やっぱ違うんだね。

      CPU 温度は、専用センサーがある訳ではなく、CPU 内蔵のサーマルダイオードのに流れる電流を温度に置き換えて返しているんだって。
      つまり、CPU 温度の異常はマザボは関係ないということになる。( 全くかどうかは分かりませんが。)

      そうだ、ヤフオクで仕入れた G5 のコア、ヒートシンクを純正のにすればいいんじゃん?そうすりゃ台座の穴が違っても関係ねーし!
      オッケー、それだぜ!

      って訳で、どっちが CPU A か分かんないので2つともバラしてみたよ。
      下の写真は巨大なヒートシンクを剥がした基盤。仮に左から書いてみたけど、CPU A、B、オリジナルの A なハズ。
      しかし、この CPU の放熱にあんな巨大なヒートシンクが必要なのか?信じられんなあ...



      さて、順番にオリジナルのヒートシンクにグリスをキレイに塗布し直して合体、本体に取り付けてみよう。
      CPU A なら、シングルで起動することが確かめられたので、まずは上段のみに取り付けて起動させてみる。

      ■ 検証 2
      ・ヤフオク A を取り付けて起動。
      → 恐ろしい勢いでファンが回り、リンゴマークで進まず。ビビって電源コードを抜く!
      ・ヤフオク B を取り付けて起動。
      → 恐ろしい勢いでファンが回り、リンゴマークで進まず。ビビって電源コードを抜く!

      あれ?どっちも CPU B の振る舞いだぞ?ファンコントロールが暴走、ファームウエアとぶつかってるっぽい。

      ■ まとめてみよう。
      ・CPU A のみを上段に取り付けるとシングルとして認識、起動する。
      ・ヤフオクの CPU 基盤をオリジナルのヒートシンクに取り付けて起動してみるが、ファンが暴走して起動せず。
      ・ヤフオクのもう片方の CPU 基盤に交換してみたが同じくファンが暴走して起動せず。
      ・ヤフオクのコアは 2003 年製。オリジナルは 2004 年製。
      ・オリジナルの台座には 「え?」 【Revision B】 の刻印が〜!

      ■ 結論
      ・違うロッドの CPU は交換できないらしい。( ファームウエアに記述されてるのかなあ?)
      ・オリジナルの CPU とヒートシンクのグリスは3回塗りなおしてみたが結果は変わらなかったので、原因はグリスではなさげ。
      ・つまり、なすすべ無しです。

      これを書いてる現在は、正常だった CPU B の温度がマイナス18度とかになっちゃってるし。笑
      やっぱりお迎えが近いみたいだねえ。

      諦めて PPC G5 2GHz Dual でもヤフオクで狙うしかないのね。
      とりあえず G4 ミラー 1.25GHz Dual に環境を戻しますかー!

      まあ、ここまで試した奴いないんじゃないかなあ?
      何かのお役に立てればいいけどね!

      ■ あっ、そうだ、最初に試したことも改めて追記しておきますね。
      ・firmware は 5.1.8f2 最新
      ・本体 SMU ボタンでリセットしても改善なし。
      ・PRAM クリアーもしたが見当違いで?効果なし。
      ・iMac にある、コンセント抜いて15秒放置後、電源ボタンを押しながらコンセントを挿す。ってのも効果なし。
      ・PRAM クリアー後、Open Firmware でファームウエアをリセットしてみたが効果なし。

      以上です。

      おしまい!

      2010.10.05 Tuesday

      G5 Dual 1.8GHz PPC 強制スリープ問題 その3

      0
        先日ヤフオクで落とした G5 1.8GHz のコアブロック x 2 を交換してみよう!

        さーて、本体の上側のコアブロックを外しましょ。
        まったく、基盤のと台座を固定してるところのネジ、プラスネジじゃなくて、六角ネジなのね?しかも奥深い。
        柄の長さが15センチぐらいのヘキサゴンドライバーが必要ってか?仕方ない、買ってきました。

        結論から言うと、3箇所でしか止まってません!
        二つのコアブロックの中心の四角い溝の奥にもネジがあるんだけど、関係なかった。
        ここが一番大変だったのにー!

        で、ムフフ。早速ヤフオク・ジャンクコアと交換!と思ったら...







        え?!台座の穴の大きさが違う??
        オリジナルはシャフトが穴を貫通して上からネジで固定するタイプ。
        ヤフオク・ジャンクコアの台座は穴が小さく、シャフトが貫通しない... 何故??

        生産時期で?取り付け部分の仕様変更があったっぽい。
        なんだよー!余計なことしてんじゃねーよ、スティーブ!つかねーじゃんかー!!!

        うへー、参ったなー。せっかくここに交換できるコアブロックがあるってーのに。
        台座の厚みは5ミリくらいの無垢の金属。ここの取り付け穴を4箇所ドリルででかくするのか?
        更に穴の位置をぴたり合わせられるのか?!


        うーん、無理っペーよー!
        なーんだ、結局こんなオチなのね...


        でもここで凹んでる暇はない。次の手は??
        そう、CPU とヒートシンク部の熱伝導グリスの塗布のし直し。これを試さずにはおれん。

        ってわけで、次回はコアブロックばらしだぜ!いよいよ禁断の領域に入っていくのね... 笑

        まだまだ続くぜ。

        2010.09.29 Wednesday

        G5 Dual 1.8GHz PPC 強制スリープ問題 その2

        0
          先日なんの気なしに久々にヤフオクを見てて、そうだ、G5 のジャンクとかあんのか?って探してみたらあった!
          ぴったり 1.8GHz Dual のコアが残り1時間!神様の引き合わせですね、なので当然落札。

          で、届きました〜!↓ びっくりだよ、値切り交渉したら Dual セットが 1,500円になった!笑


          ・上側のコアは裏返したところ。ロジックボードにくっつく面です。
          ・下側のコアには G5 ってアルミパネルが付いてるんだけど、このパネル、明らかにシングルのものですな。しかもなぜかひとつしかない。
           ってことは出品された方が G5 のシングルも持っていたか、このカバーだけあったんで付けてくれた?のかは謎です。
           ( G5 Dual のアルミカバーは、コア二つを覆う大きなものなのです。)
           この二つ、実は Dual ではなかったりしてね?まあ、だとしても Dual はシングルでも起動するので、もしもシングル2個だったら交換
           したい CPU A の代替えが二つってことでラッキーかも。どっちにしても交換して試す価値はありそう。

          良い機会なので観察、観察。
          ※ 下の二枚は裏返しています。それぞれ、写真上がロジックボード側との接点です。


          おう、この青いマルのところが CPU とヒートシンクの接点かあ、ねじだけで外せそうだねえ。
          熱伝導のシリコングリスを塗り替えてみるのも大アリだなー!


          むき〜!真鍮のヒートパイプに萌えーですわ♪
          結局、完璧空冷です。フィンの中心にファンがあるのかと思ってたのに、ただの放熱板のみでした。
          上からファンって鉄則じゃないのか... ( この写真では下からファンってことになるけど )

          で、で、で、せっかく CPU 載せ換えてみようと思ったらー!
          肝心の柄の長い先が六画レンチのドライバーがないと本体から外せない〜!
          残念。今度の休みまでできないかあ...

          しかしこのコア二つ、まったく同じに見える。
          しかし Dual っても実は同じものではないらしく、反対に取り付けても起動はするが、ファンコントローラーが効かず爆風になるらしい。
          うーん、確立 1/2 だ。温度差最高25度も高くなる CPU A とやらをまずは交換してみよう。
          それでまったく変化が無い場合、センサーかボードがいかれてるってことだね。
          これで直って欲しいのだけどねー、ヤフオクのジャンクが壊れてる可能性もあるのでなんともですが...

          ってなわけで、早く工具ー!

          つづく

          2010.09.22 Wednesday

          PPC G5 1.8GHz Dual 強制スリープ問題 その1

          0
            今更ながら、友人にいただいた PPC G5 1.8GHz Dual である。

            真夏はクーラー全開 + 扇風機だったので全く気にならなかったんだけどね。
            最近、冷房も控えめ & 扇風機なしで使っていたら数時間で強制スリープになった。

            ・firmware は 5.1.8f2 最新
            ・SMU ボタンでリセットしても改善なし。
            ・PRAM クリアーもしたが見当違いで効果なし。
            ・iMac にある、コンセント抜いて15秒放置後、電源ボタンを押しながらコンセントを挿す。ってのも効果なし。

            さて、何処が悪いのだろう...


            ■ Temperature Monitor ってアプリを使って各温度を見てみよう。

            起動数時間後。

            CPU A = 65度前後のとき、CPU B = 40度くらい。およそ 25度の差 がある。
            これは異常っぽいよなあ。

            CPU 温度は65度を超す頻度が高くなるとファームウエアが強制的にスリープにしちゃう。
            一旦スリープになるとファンも止まるので、CPU 温度は更に上昇!
            こうなると何度スリープから復帰させても即、強制スリープ。

            バカじゃね?オーバーヒートで強制かけてんのに、ファンも止まったら下がらねー!どころか、上がるだろーよ!

            CPU の前後に付いてる吸気、排気のファンを見てみると、上側が元気に回って、下側がちょろちょろ回ってる。
            さて、上下に取り付けてある G5 CPU、温度の高い CPU A とは上か下か。

            現象: CPU A が過熱気味。

            仮説1
            上側のファンが元気よく回っているのは温度が高い CPU A を冷やそうとしているから。従って、CPU A は上側。

            仮説2
            下側のファンがセンサー不良であまり回っていない。従って CPU A の温度が上昇。従って、CPU A は下側。

            やべー、どっちよ??


            ■ CPU ケースの温度もあるのでそっちも比較。

            プロセッサー A アンビエント = 33度
            プロセッサー B アンビエント = 38度

            え?B が高いんだ。
            ってことは、ちょろちょろ回ってるファンのほうが冷えないから下側が B ですな。
            じゃあ、ファンも元気に回っていて、外側は冷えてるのに、中の CPU 温度が上昇しちゃう上側が CPU A ってことだね?


            ■ 一旦まとめよう。

            ・温度が高い CPU A は上側のコアらしい。
            ・しかし CPU A のケースは冷え冷え。
            ・ファンは温度に比例して回っている。
            ・しかし、強制スリープ間近でもバカみたいには回らない。
            ・他の部位で温度の高いところはない。

            考えられる不具合は?

            ・実は温度センサーが壊れていて、高い温度を返している。
            ・CPU A のラジエターフィンが、CPU A にグリスの劣化などで密着していない。
            ・ボード系がいかれた。


            ■ さて、どうする?

            ・ファームウエアをいじくって強制がかかる上限温度を上げる。
            ・CPU A のラジエターフィンを剥がしてグリスをつけ直す。

            まず、↑ これを試してみたい!

            次回は結果報告ですかね、さーてと、色々とググらねば!笑
            情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非お願いしまーす!


            つづく...

            2010.08.22 Sunday

            G5 Dual 1.8GHz PPC

            0
              遂にうちの G4 ミラー君が引退することに。
              遠く鹿児島のトオル君がいきなり G5 いるー?って電話かけて来た。
              丁度 G4 も落ちまくってるしじゃあ送って!ってことになった。

              G5 っても PPC だからまあ今まで通り 10.4 Tiger と 10.3 Panther で使います。
              10.5 はインテルマックでないときついから入れません。

              しかしデカイ。仕事場で見慣れてる PowerMac も部屋に置くとでか過ぎる。重い。うるさい。
              あ、これ水冷って言ってたなー。確かに普段は静かだけど、結局 DSP 処理入るとファン回る回る!
              っても G4 みたいに飛び立たないけどね。笑 ( いやいや実際に飛び立ってないけどさ。)

              まあこれでしばらくは昔の環境が引き継げる。
              なんせ、スノレパ導入には Plug-in のl更新やら I/O やらでお金かかりすぎるもんで。

              そういやクリーンインストールしないで G4 の SATA まんま乗せ変えたんだけど、まーいいか、動いてるし。
              PPC だし同じだろう。笑

              2010.07.11 Sunday

              G4 夏対策。カーネルパニックなんて怖くない!

              0
                とりあえず、HD を取り付けステーごと本体の外に出してみた。
                これで冷却は室温プラス扇風機が直に届きます。

                中も発熱要因が減り、CPU も堪えてくれるのでは?という期待がありますねえ。

                しばらく使ってみたけど、スリープから復帰したときに固まったのが1回くらいで、カーネルパニックは出てません。





                ★ 以下、やってみて思ったことなどをつらつらと。

                まずカーネル君の登場場面
                ・音楽ソフトで DSP をがしがし使うってよりは HD の書き込み連携のとき。
                ・YouTube をたくさん観てるとき。

                熱対策 ( これらは昔からやっている )
                ・本体メモリー 2GB、SATA HD x 2台、USB ハブたこ足で6本 ( Audio IO など重いものもあり ) なので、
                内蔵の大きいファンは強力で消音なものに交換済み。+ 小型のファンも CPU 冷却用に追加済み。
                これらのおかげで冬場にカーネル君は登場したことがない。

                HD メンテ
                ・HD は iDefrag を定期的にかけてるし、ディスクユーティリティでアクセス権の修復もしていた。

                原因は?
                ・やっぱり熱だと思う。
                HD の発熱は CPU や メモリーの発熱よりは高くないが、内部に密閉されて相互作用で熱暴走してるのだと思う。

                HD を外に出してみて
                ・結局うるさいのはファンの音。HD の音は気にならない。
                ・HD、外気にさらされ全然熱くならない。やや暖かいって感じ。これは凄いんじゃ?
                ・そのおかげがあると思う。CPU がまだ熱暴走していない。

                とまあ、今のところ良かったんじゃね?って感じです。
                今後は 外に出てる HD のホコリ対策かな?笑

                まだまだ音楽業界現役の PPC G4。何かのお役に立てばいいですが...

                2010.07.06 Tuesday

                カーネルパニック

                0


                  うちの Power mac G4 1.25GHz Dual 君、カーネルパニック画面 は夏の風物詩?笑
                  PCI にシリアル ATA カードを挿して 500GB + 250GB を稼働してますが、
                  夏になると頻繁に堕ちるです。

                  ファンは消音のハイパワーのに交換、更に薄いファンを増設して、扇風機を直にあててはいるものの、
                  他の音楽機材が真空管だったりするので、部屋の温度はクーラーをつけても寒くはならないのです。

                  今年はシリアルATAケーブルを外に出して、外に直に HD を出しちゃおうかと。
                  多分その方が放熱効果は高いだろうねえ。

                  カーネルパニックでググると重症なことばかり書いてあって、マザボだメモリーだ HD だと深刻なものばかり。

                  違うよ、夏だからさ!笑 だって冬はならないもん。

                  インテル iMac が安く、音楽やるのにも十分なスペックだから買えばいいんだけどね、好きな VST Plug-in が
                  あったりするので未だに OS9 も起動してみたり、OS 10.3 パンサー環境で構築した Plug-in のアップデート
                  だけでも相当するしねえ。いわば捨てられない mac というか、音楽機材なわけです。

                  パンサーの Safari だとなんと Twitter も投稿できないのね。
                  Twitter なんて大したことやってるように見えない見てくれじゃない?
                  でも裏じゃ最新の web テクで構築されていて、旧ブラウザーでは機能しないってちょっと驚いた。
                  RonR ( ルビーオンレイルズ ) でがっつりサーバーで動的生成をしてる最新技術だもんね、見た目に騙されては
                  いけませんよ!

                  カーネルパニックの原因で、まあ、一応本当に HD が逝きそう?って可能性もあるわけで、
                  いっそ 1.5 テラいっときますか!って感じなんだけどね。

                  久々にちょっといじってみますか、うちの御大 mac さん。

                  2007.02.20 Tuesday

                  iDefrag 2.0 を使ってみた

                  0
                    うちの mac は G4 1.25GHz Dual MDD で、
                    OS 9.2.2 とパンサー ( 10.3.9 ) とタイガー ( 10.4.8 ) を切り替えて仕様中。
                    最近はやっとタイガーをメインに使ってるんだけど、音楽のときは Plug-in の関係でパンサーか OS 9 で起動。
                    そんな環境なのでシリアル ATA カードで シリアル ATA の HDD を二つ入れてある。
                    ひとつはパーティションを切って OS 9 が二つ。( メインとバックアップ )
                    もうひとつはパーティションを三つ切ってパンサーとタイガーと倉庫に使用。

                    OS 9 のときはノートン先生と Speed Disk でメンテをしていて、たまにパンサーもタイガーも OS 9 から Speed Disk をかけてみたりしていたのだが...

                    パンサーから HDD のファイル管理方式が変わったため、OS 9 当時のノートンではエラーが出たりいろいろ面倒で新しいデフラグツールを探していたんだよね、そんなときにこの iDefrag を見つけたんで試してみようと。

                    iDefrag
                    Ver 2.0 では OS 10.4.4 以降となっていた。なのでタイガーの起動ボリュームを修復したかったら別パーティションの
                    タイガーか、付属の DVD から起動しないといけないらしい。

                    まあ、でもそんなこと知ったこっちゃないのでいきなりパンサーに入れてタイガーを修復してみたよ!

                    ほらね、楽勝じゃ〜ん!問題なく完了!
                    で、タイガーからパンサーや倉庫を修復してみたが当然問題無し。
                    一応メーカーに尋ねてみたら、パンサー環境下では検証していないとのことなので、自己責任でお願いします。だってさ。
                    ( もちっろんおいらだって責任はおえませんからね!)

                    OS 9 領域も iDefrag で修復出来るらしいのだけど、こっちは昔ながらの Speed Disk でやることにした。
                    iDefrag は OS X、Speed Disk は OS 9、やっぱ適材適所ってことで。

                    使った感想は HDD の使用量によって時間がかかるのは仕方ないけど、まあサクサクしてる感じで好感が持てた。
                    使い方も簡単で、初めて使うなら すべて最適化 を選ぶだけ!オススメです。

                    そもそも Mac OS X では断片化しない?しても大丈夫?
                    そりゃあんた、使ってりゃ断片化しますでしょ?放っておけばクラッシュの原因にもなります。
                    そうならないためにもたまにこういうソフトで HDD をメンテしておきましょう!

                    iDefrag のメーカー HP → コチラ!

                    おいらが安く買ったお店 → コチラ!

                    おまけ 1
                    iDefrag は HDD の断片化を解消するというソフトなので、まずは OnyX などでいらないファイルを削除したり、
                    システムの最適化をしておいてからやると良いですよ!
                    アクセス権の修復は OnyX でやらないで、純正の ディスクユーティリティ でやるのがオススメ!
                    ( その方が信頼性が高い。というのが今までのおいらの感想です。)

                    おまけ 2
                    ちなみに OnyX はフリーの 超定番 OS X のメンテナンスソフト。知ってるよねえ?
                    一度も使ったことない人はヤバイので、ここから落として今すぐメンテしてね!→ コチラ!
                    インストールするときに日本語を選べば日本語で使えるので安心です!
                    ( 勘でも使えるけど、詳しい使い方が知りたい人はネットで調べてみてねん!)

                    2006.07.31 Monday

                    Mac Fan 9月号に!

                    0


                      おいらのサイト、maniac icons のアイコンが久々にマック専門誌にとりあげられました !!
                      夏だからね、怖〜い納涼アイコン特集 !! Win の人も怖〜い けどかっこいいFLASH ムービーが楽しめるので是非 !!
                      まだ見たことない人はコチラ!--> maniac icons

                      今日はおいらの誕生日。でももう嬉しくない歳だけど...
                      なのに早朝、兄からの電話でいきなり金を振り込めと言われ、はあ?って感じだったんだけど、
                      結局まきあげられた。ちっきしょー!なんで身内に振り込め詐欺させられるんだってーの!

                      悔しいからサマージャンボ買って来た。ついてない日の夕方に買うといいんだって。
                      ついでにオレンジと黄色の服で腕時計を7分遅らせて右手に、左から奇数の窓口で!明日まで!

                      ▲top