裏 HS Works

日常の痛いひとりごと

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2012.01.06 Friday

ラージヘッドとアッシュのストラト

0
    JUGEMテーマ:音楽

    で、新年早々の悩みはラージヘッドとアッシュのストラトについて。

    現在のボディ材で 「アッシュ」 とはホワイトアッシュを指すらしく、アルダーに比べて重い。
    重さもまちまちだがストラトのクセに4.5キロくらいあったりする。
    その分低音も出て反応も速いのだが、初期の軽めのスワンプアッシュは今はあまり作られていないらしい。
    アルダーは木目がハッキリしていないので白、黒の塗り潰しに、アッシュは綺麗な木目を生かしたナチュラルが定番だった模様。
    でも木目が透けてるサンバーストはアルダーで、ブロンドはアッシュだけどねぇ?(まあいいか。)

    一般的に、アルダーは甘くアッシュは硬い音。とされているが、アッシュの方が重いので低音も出る。
    ゴリっとした音?バキンとした音?アルダーの 「あの音」 ではない傾向。
    おいらが求めてるのは 「暴れた音、ブーミーな音、下品な歪み方をする音」 伝わり辛いかもね。
    まあ、そのイメージは勝手にラージヘッドが要因だと思っている次第です。


    1965 に CBS に買収された後の Fender では、ヘッドのデカールを大きくして目立たせた?ラージヘッドが主流に。
    66〜81年まではラージヘッドだったらしい。
    つまり、バリバリ影響を受けた70年代は全部ラージヘッド。
    でもネックとボディの組み合わせを紐解く上で厄介なのが、ネックは U シェイプのメープルにメイプル指板を貼った 「貼りメイプル」 と
    ローズ指板が、ボディはアルダーとアッシュが存在していた。
    ネックのジョイントも 65〜70 は4点留め、71〜81 は3点留めになった。
    3点留めはネックに横から衝撃を与えるとセンターがずれるという症状があり、後に4点留めに戻したらしいが、良し悪しではなく、
    3点留め方式が音色に影響している要因は充分に大きいでしょ?ジョイント部分なんだからね。

    さて、ジミヘンやリッチーは白のストラトだったから、現在だったらほぼアルダーなハズなのだが当時は何だったんだろう?
    アッシュって材はアルダーに比べバラつきがあるらしく、重さもまちまち。
    重いものは 5Kg くらい?アルダーだと 3.5Kg 前後だからプラス 1Kg 以上なんてのは勘弁だよね。
    先に書いたが、白・黒塗りつぶしは木目が関係ないのでアルダーが使われていたのだが、なんと、現行の Fender Mexico の
    70年シリーズでは白・黒もアッシュのようだ。
    アッシュの方がロックっぽいジミヘンっぽいイメージなんだが、ジミヘンもリッチーも白だったからアルダーだったのか?
    それともアッシュの白だったのか?

    あ”−もう、考えただけでこのもやもやは拭えない!
    白いアルダーボディーにラージヘッドのメイプルネックなのかなぁ?
    白いけど実はアッシュだったのかなぁ?
    (アッシュだとしたら個体差 (重さ) がまちまちなのでもう分からん...)
    アルダーでもラージヘッドだったら暴れるのかなぁ?
    所詮エレキだからピックアップ次第な気もするよなぁ?
    なーんてことを今更考え出したら結論が出ない。

    今年はこの辺りを自分なりに探ってみたいと思う。
    まったく、ストラト1本でも奥が深いですなぁ。

    2011.12.01 Thursday

    満月祭vol.0

    0
      JUGEMテーマ:音楽

      いきなりですが...

      < Live 告知です。>


       満月祭vol.0


      開場:18:30 / 開演 19:00
      料金:前売 ¥3,000
         当日 ¥3,500
         ドリンク別 ¥500
         (1dr.つき)

      出演:窪田晴男
         nappomama (Taja)
         LeeRi (from広島)

      場所:下北沢SEED SHIP
         世田谷区代沢5-32-13
         露崎商店ビル3階
         Tel 03-6805-2805

       SEED SHIPアクセスURL


      あまり公言していませんでしたが、おいらの音楽業界時代の師匠は窪田晴男さんです。
      今年えらい久しぶりに再会しまして、今度ギターで遊びましょ!ったら、じゃあここに来て1曲やれと。
      え"っ?! えっと... でも断れないでしょ、縦社会だし。笑
      しかもチャラいのやってお茶を濁すような場所でもなさげなので、よし、新曲作るぜっ!って作ったのがこの曲。

      月光幻惑 ← 視聴できます!

      今回はアコギ1本ってことだったので、本番は弾き語りでやりますが、失敗したー!
      張り切って作ったのはいいけど、弾きながら歌うにはハードルが高過ぎるー!
      ノーミスでやりきる確率を引き上げるべく、只今猛練習中です。泣き


      というわけで、晴男さんファンのみなさま、大変恐縮ですが1曲お邪魔させていただきますので、よろしくお願いいたします。

      頑張らねば!

      2011.11.07 Monday

      2011 楽器フェア

      0
         JUGEMテーマ:音楽

        2011楽器フェア

        2011楽器フェアです。ひっさびさに行って来ました。w
        サンシャインかと思ったらパシフィコ横浜でしたが。。
        スマホで写真取って来たので、つらつらとご紹介します。
        スマホのレンズはデジカメのものより全部にピントが合うし、レベル補正もいらないくらい綺麗に撮れる。
        しかもその場でネットにアップできるとあっちゃー、デジカメの存在自体に疑問が...
        なので、最近はすっかりデジカメ離れが進んでおります。おっと余談でしたね、では以下に。w


        Fender
        カート・コバーンのパネルがかっこいい。右のアンプはクラプトンモデル。49万ですー。
        このアンプを鳴らしてみたよ。パッキンパッキン!どうしろと。笑
        ストラトでフロント以外は耳に痛過ぎた。リアでオクターブでカッティングすると客を殺せるよ。
        スピーカー出力段に3つの切り替えスイッチがあった。これなんです?って聞いたら、クラプトンが付けてるのでって。
        シグネーチャーだからね、そ、そうなんだーって言うしかないわな。^^;
        アッテネーターみたいなもんかね?ま、いいかー。笑


        Washburn
        そういや、神田商会からイシバシ楽器に代理店が変わってんだね。
        ポールも怪しい?Silvertone からまたWashburn とライセンス契約できたみたいで何よりです。
        このね、右のミラーV、70年代に初来日の時ポールが使っててね、欲しくてほしくて。
        当時はギブソンV 改造だったけど、唯一、グレコでコピーモデルがあってね、今回やったー!って思ったんだけど、
        なんでヘッドがこれなのさ?!夢壊してんじゃねーよ!あーあ、台無しだー。泣き


        Zodiac works
        おいらも1本持っている、激鳴りソリッドギター製作国産メーカーです。
        ビルダーの松崎淳さんは、元 FERNANDES で布袋さん、hideさん、ZO-3 を作っていたお方です。
        テレキャスでメタルトップってのも昔からこちらの定番。今回新作メタル1号機がこちらだそうです。w
        欲しいっすー!30数万らしい。。
        その他にもアルダーにカーボントップバックってなギターもあって、ちょっと音の想像ができないけどね。
        とにかく、1度 Zodiac さんのギターを弾いてみて。生鳴りの大きさにぶったまげます。是非!


        Taylor Guitars
        最近 Taylor にも廉価版的なシリーズができたので、結構普通なメーカになった印象。
        と言ってもまあ、廉価版で15万クラスなので、普通に鳴るんですけどね。
        新製品はこのスプルース + オバンコーンサイドバックのこのギター。なかなかの音厚でバランスも良い。
        お値段は30万弱。Taylor で20万円台ってだけで、得した気分になるね。
        これの前に YAMAHA の60万ちょいのを弾いてみたんだけど、はっきり言って、こっちの方が鳴りが良かった。
        どうしても Taylor のオフィシャルの弦がエリクサーなので、弾いた印象はエリクサー臭いんだけどね、
        おいらの Taylor も違う弦を張ってみたんだけど、エリクサーに戻っちゃった。あれ?なんでだろう?って思うけど、
        エリクサーとの相性は Taylor の個性なのかも。あ、普通のブロンズでももちろん鳴り過ぎますので、誤解無きよう。


        RainSong
        100%カーボンのギター。試奏はできなかった。
        何処のブースだっけなー。めっちゃ裏手に吊るしてあるだけで、特にプッシュ捨てる様子はなかった。
        弾いてみたかったけどね、会場がうるさいんで、アコギには 不利な環境だよね。


        DAISY ROCK
        女の子ウケを狙ってどんどんキュートに!その割には実際あんまり見ない気がするけどな、そんなことないの?
        取り扱いは TASCAM がやってた。


        不明...
        かっこ良かったんで写真だけ。ごめんなさい、詳細不明です。。


        ORANGE
        オレンジなんて70年代からずっとこの感じですが、実はおいら、1度も使ったことがないや。全く出音がわからん。
        今度どっかで鳴らしてみようか。。
        右のゼマティスは Greco なのかな?マッドの黒に縁取り細工がしてあった。


        KORG monotron シリーズ
        おもちゃ。笑 アナログシンセですって言われても... iPhone App をハード化?してどうすんだよって。


        KORG monotribe SP
        クロームメッキ!ヤバい、これは反則!いらないマシーンだけど、欲しいー!メッキー!w


        moog Voyager XL
        でかい!でか過ぎる!こりゃうちには置けねーな。笑


        moog MoogerFooger
        6個並ぶと圧巻だね。これだけ買ったらいくらだろう、けっこうなお値段よね?


        moog Slim Phatty, Moog Guitar
        あー、Slim Phatty 欲しい。うちの Little Phatty がポリになるよー!moog guitar は試せなかった。
        残念過ぎるー! (>_<)ノ


        SHRED NECK
        なんだーこれ?!ストレッチ用ネックだってー!w いろんな誰々モデルがあって凄い!
        いつどこでも練習を絶やしてはいかん!で、ですよね...


        ESP
        はい、おまけっす!w

        みなとみらい

        ってなわけで、パシフィコ横浜まで一人で電車で行ってきました。
        横浜は用事がないとなかなか行かないところです。行くとそれなりに楽しいんだけどね。
        昔は東横線で桜木町で降りていろいろ歩いて行ったけど、みなとみらい線ができた頃から東横線を離れちゃった
        こともあって、横浜が縁遠くなったなー。
        みなとみらい駅って、クイーンズスクエアと地下のホームが吹き抜けで繋がっていた。初めて降りました。
        確かに、桜木町から歩くよりは近い。w 値段が高いけどしょーがないか。
        あら、もうクリスマスかぁ...



        おしまい!w

        2011.07.25 Monday

        HS Works make tune / オリジナル楽曲アーカイブ

        0
          JUGEMテーマ:音楽



          twaud.io という twitpic の audio 版みたいな、 無料で利用できる楽曲のアップロードサイトがあります。
          2010年に、そこへ毎日曲をアップしていくっていう、自虐的な行為を150回 (日) やりました。

          最初は短い曲の書き下ろしたり、常に曲作りのメモ的なものが数多くあったので、それらをとりあえず順番に形にしていった感じです。
          後半はまるで自分の日記を紐解くように、どんどん過去の音源を漁り、遂にはカセット時代の1986年頃まで掘り返しました。
          25年前 4Tr カセットマルチの時代... 数少ない機材で多重録音をしてた汗臭い畳の部屋や当時の生活を思い出しました。笑

          ところがこのサイト、もうすぐクローズされてしまうんですね。
          で、急遽何か他のサービスをと色々探してみたんだけど、なかなか良いところがなくて。
          ならばいっそ作っちゃえ!ってことで、楽曲アーカイブサイトを作りました。

          HS Works make tunes

          どうせならダウンロード課金の仕組みをってかんがえたんだけど、日頃僕も世界中のオープンソースを利用させてもらってるので、
          ここは一先ず無料にすることにしました。
          現在174曲あります。ジングル〜大作まで、聴き放題です!笑

          とりあえずこれで楽曲の一部はネットに置けたので、いつ死んでもいいかなって安心しています。w
          将来的に、自分でアップ・ダウンロードサイトを運営するのか、配信専用レーベルを立ち上げるのか、考え中です。
          まあ、1曲 105円で mp3 を売って儲ける時代ではないので、前者に力を入れたいですね。

          曲制作のノウハウも、曲その価値も、有料化して敷居を上げることで聴き手を狭めてしまうくらいなら、すべて無料の方が良い。
          お金にしたけりゃ他の戦略で考えよう。ってことですね。

          というわけで、自らを実験台にサイトを公開してみました。
          うーん、自分関連で公開12サイト目ですかぁ、どんだけだよねえ。w

          よろしくお願いいたします!

          2011.05.28 Saturday

          waldorf blofeld レビュー

          0
            JUGEMテーマ:音楽

            waldorf blofeld

            waldorf と言えば、PPG WAVE だ。
            でも元は、ウォルフガング・パームという人が PPG ( Palm Products Germany ) ブランドで作ったシンセ。
            この80年代にデビューした真っ青な PPG WAVE 2.2 / 2.3 は、フェアライト並みの機能が半分で手に入る!
            って触れ込みだったらしい。
            半分っても500万円か?いまや VST Plug-in で1万だものねえ、技術の進歩とは凄まじい。

            で、この創設者のウォルフガング・パームが waldorf に入って WAVE シンセを作っていた。
            要は、PCM 波形もオシレーターとして加工できるよ!って発想。
            Oscar や KORG のシンセにも受け継がれているね。
            ( でも Oscar は PPG と同時期だからなんだろう、偶然なのかな?)

            なんの話だっけ、そうそう、blofeld だった。
            で、このシンセも PCM 波形を内蔵してるので加工できるんですねー。
            でも、PCM でリアルな音を目指してる訳ではなく、あくまでもオシレーターの波形としてなのです。
            プリセットにも PPG の名前があったりするし、まあ現代まで脈々と受け継がれてるってことですね。

            では blofeld の良いところ、良くない?ところを挙げてみましょう。

            < 良い点 >
            ・小さい
            ・音のクオリティに対して価格が安い!
            ・カテゴリーとバンクで音色を探しやすい。
            ・フィルターの効きがぱねー!
            ・ちょこっといじりたいときの音色のエディットは簡単。
            ・アナログ的な太い ( moog 系 ) 、ビキビキ ( TB系 )、ほわほわ ( Pad系 ) はもちろん、
             アルペジエーターや FM 変調、ノイズまで網羅してるので、出ない音は無さげ。
            ・液晶が大きく操作し易い

            < 良くない点 >
            ・アウトがステレオのみ
            ・すべてをエディットするにはパラメーターが多く大変。
            ・マルチモードのときのエフェクト設定が不便。( 後述 )
            ・マルチモードのときはカテゴリー検索ができない。
            ・プリセットのエフェクトがどれもきつい。( これは好み? )
            ・デモソングがない。
            ・ドラム、パーカッションのの単音は色々入っているが、マッピングされたドラムキットがない。

            < マルチモードのとき >
            マルチモード時でも音色のエディットは可能で、いじれば上書き保存できる。
            しかしエフェクトに関してはそうはいかない。
            blofeld には音色に対してエフェクトが2系統あるのだが、
            なぜかマルチモード時は、その2系統のエフェクトミックス量しかいじれない。

            これはちょっと不便で、音色がが多い分、またプレイモードで元音を探すのがやや手間。
            また、マルチで選んでるパートとプレイモードの MIDI CH が違う場合、( 殆どだと思うが )
            シーケンサー側で MIDI CH を合わせ直してやらいと鳴らないのでこれも不便。
            まあ仕様だから仕方ないんだけどね。

            あと、最初慣れないとせっかく作ったマルチキットを保存する前に次のマルチキットを呼び出しちゃって
            保存してないので作り直しー!なんてのが良くあった。
            これもつまり、あるパートの音色を選んでるつもりが、いつのまにかエディットモードではなくなっていて、
            マルチキットを摘みで選ぶ作業に変わっていたりするとこうなります。まあこれは慣れかなぁ。

            と、ダメだしもしてみたものの、価格からは考えられない良い音てんこ盛りな音源です。
            早速サンプル曲を作ってみたよ!

            ★ 171 - blofeld / (C) 2011 HS / Only waldorf blofeld. ( SD, HH 以外 )
            ★ 173 - blofeld 2 / (C) 2011 HS / Only waldorf blofeld. ( SD, HH, ステレオの Bass 以外 )

            コレ、持ってて損はないですよ、買いましょう!笑


            2010.02.14 Sunday

            BC Rich Draco

            0


              うひゃー!衝動買い!
              詳細レポートは HS Works よろしく!

              ▲top