裏 HS Works

日常の痛いひとりごと

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< カーネルパニック | TOP | G5 Dual 1.8GHz PPC >>

2010.07.11 Sunday

G4 夏対策。カーネルパニックなんて怖くない!

0
    とりあえず、HD を取り付けステーごと本体の外に出してみた。
    これで冷却は室温プラス扇風機が直に届きます。

    中も発熱要因が減り、CPU も堪えてくれるのでは?という期待がありますねえ。

    しばらく使ってみたけど、スリープから復帰したときに固まったのが1回くらいで、カーネルパニックは出てません。





    ★ 以下、やってみて思ったことなどをつらつらと。

    まずカーネル君の登場場面
    ・音楽ソフトで DSP をがしがし使うってよりは HD の書き込み連携のとき。
    ・YouTube をたくさん観てるとき。

    熱対策 ( これらは昔からやっている )
    ・本体メモリー 2GB、SATA HD x 2台、USB ハブたこ足で6本 ( Audio IO など重いものもあり ) なので、
    内蔵の大きいファンは強力で消音なものに交換済み。+ 小型のファンも CPU 冷却用に追加済み。
    これらのおかげで冬場にカーネル君は登場したことがない。

    HD メンテ
    ・HD は iDefrag を定期的にかけてるし、ディスクユーティリティでアクセス権の修復もしていた。

    原因は?
    ・やっぱり熱だと思う。
    HD の発熱は CPU や メモリーの発熱よりは高くないが、内部に密閉されて相互作用で熱暴走してるのだと思う。

    HD を外に出してみて
    ・結局うるさいのはファンの音。HD の音は気にならない。
    ・HD、外気にさらされ全然熱くならない。やや暖かいって感じ。これは凄いんじゃ?
    ・そのおかげがあると思う。CPU がまだ熱暴走していない。

    とまあ、今のところ良かったんじゃね?って感じです。
    今後は 外に出てる HD のホコリ対策かな?笑

    まだまだ音楽業界現役の PPC G4。何かのお役に立てばいいですが...

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.hsw-web.com/trackback/1006446

    トラックバック

    ▲top