裏 HS Works

日常の痛いひとりごと

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< G5 Dual 1.8GHz PPC | TOP | G5 Dual 1.8GHz PPC 強制スリープ問題 その2 >>

2010.09.22 Wednesday

PPC G5 1.8GHz Dual 強制スリープ問題 その1

0
    今更ながら、友人にいただいた PPC G5 1.8GHz Dual である。

    真夏はクーラー全開 + 扇風機だったので全く気にならなかったんだけどね。
    最近、冷房も控えめ & 扇風機なしで使っていたら数時間で強制スリープになった。

    ・firmware は 5.1.8f2 最新
    ・SMU ボタンでリセットしても改善なし。
    ・PRAM クリアーもしたが見当違いで効果なし。
    ・iMac にある、コンセント抜いて15秒放置後、電源ボタンを押しながらコンセントを挿す。ってのも効果なし。

    さて、何処が悪いのだろう...


    ■ Temperature Monitor ってアプリを使って各温度を見てみよう。

    起動数時間後。

    CPU A = 65度前後のとき、CPU B = 40度くらい。およそ 25度の差 がある。
    これは異常っぽいよなあ。

    CPU 温度は65度を超す頻度が高くなるとファームウエアが強制的にスリープにしちゃう。
    一旦スリープになるとファンも止まるので、CPU 温度は更に上昇!
    こうなると何度スリープから復帰させても即、強制スリープ。

    バカじゃね?オーバーヒートで強制かけてんのに、ファンも止まったら下がらねー!どころか、上がるだろーよ!

    CPU の前後に付いてる吸気、排気のファンを見てみると、上側が元気に回って、下側がちょろちょろ回ってる。
    さて、上下に取り付けてある G5 CPU、温度の高い CPU A とは上か下か。

    現象: CPU A が過熱気味。

    仮説1
    上側のファンが元気よく回っているのは温度が高い CPU A を冷やそうとしているから。従って、CPU A は上側。

    仮説2
    下側のファンがセンサー不良であまり回っていない。従って CPU A の温度が上昇。従って、CPU A は下側。

    やべー、どっちよ??


    ■ CPU ケースの温度もあるのでそっちも比較。

    プロセッサー A アンビエント = 33度
    プロセッサー B アンビエント = 38度

    え?B が高いんだ。
    ってことは、ちょろちょろ回ってるファンのほうが冷えないから下側が B ですな。
    じゃあ、ファンも元気に回っていて、外側は冷えてるのに、中の CPU 温度が上昇しちゃう上側が CPU A ってことだね?


    ■ 一旦まとめよう。

    ・温度が高い CPU A は上側のコアらしい。
    ・しかし CPU A のケースは冷え冷え。
    ・ファンは温度に比例して回っている。
    ・しかし、強制スリープ間近でもバカみたいには回らない。
    ・他の部位で温度の高いところはない。

    考えられる不具合は?

    ・実は温度センサーが壊れていて、高い温度を返している。
    ・CPU A のラジエターフィンが、CPU A にグリスの劣化などで密着していない。
    ・ボード系がいかれた。


    ■ さて、どうする?

    ・ファームウエアをいじくって強制がかかる上限温度を上げる。
    ・CPU A のラジエターフィンを剥がしてグリスをつけ直す。

    まず、↑ これを試してみたい!

    次回は結果報告ですかね、さーてと、色々とググらねば!笑
    情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非お願いしまーす!


    つづく...

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.hsw-web.com/trackback/1018939

    トラックバック

    ▲top