裏 HS Works

日常の痛いひとりごと

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< G4 に 1TB の HDD を! その1 | TOP | blog 移行 >>

2010.11.22 Monday

G4 に 1TB の HDD を! その2

0
    さて、前回購入したシーゲートのバラクーダは症状を告げて無事返品。
    いろいろ HDD を物色してたら NCQ という最近の技術にぶち当たった。

    NCQ ( Native Command Queuing )

    Serial ATA II で追加された機能の一つ。
    NCQ は、HDD に対する制御命令をキューに格納し、効率の良い順番に格納し直して実行する機能。
    これにより、より効率的な制御を行い、パフォーマンスアップが期待される。

    なんだか良くわからんが、無駄のない処理をする新技術ってことで。笑

    で、これを有効にするには NCQ 対応の HDD と NCQ 対応のマザボが居る様子。

    さてさて、前回のシーゲートのバラクーダはこの 「NCQ 機能あり」ということが判明した。
    もちろん、おいらの PPC G4 1.25 Dual MDD に着いてる SATA カードが NCQ に対応している筈がなく、
    当然この機能は無効のはず。
    でもなあ、以前使えていた 500GB のバラクーダは NCQ なんてないから使えてたんじゃ?って疑惑が出てくるじゃない?

    で、で、また懲りずに今度は日立の NCQ なしの 1TB を購入してみた。
    な、な、なんと、4,700円だぜー!安っ!!

    --- 実験開始 --------------------------------------------------------------------

    ■a) 早速パーティションを 120GB, 120GB, 60GB, 240GB, 残り と5つに分割。
    それぞれ Tiger, Panther, OS9, 倉庫1, 倉庫2 にする。

    1. ファーストパーティションに Tiger インストール。→ 無事起動!
    2. セカンドパーティションに Panther インストール。→ 無事起動!やったー!
    3. サードパーティションに OS9 をコピーしてシステムフォールダー開閉 ( コレしないと起動ディスク

    にならないのだよ! ) → むむむ、起動しない?
    またもやk「起動ディスク」で選択できるのにスタートアップマネージャーで出てこない。
    やっぱアレか、先頭から何ギガ以内に OS がいないとダメってやつか??

    先頭から、120GB, 120GB では 2 OS がブート切り替えできた。これも NCQ ありのバラクーダではできなかった。
    バラクーダは先頭のパーティションの OS でしか起動できなかった。

    ■b) またパーティションを切りなおしてみた。120GB, 40GB, 120GB, 240GB, 残り と5つに分割。

    1. 先にサードパーティションに Panther インストール。→ 起動できない。。。
      はい、この時点で終了ー!


    ■c) またまたパーティションを切りなおしてみた。今度は、80GB, 20GB, 120GB, 120GB, 120GB, 240GB,
    残り と6つに分割。

    1. サードパーティションに Panther インストール。→ おっ、無事起動〜!
    2. セカンドパーティションに OS9 をコピー。→ 無事起動!
    3. ファーストパーティションに Tiger インストール。→ おー、無事起動!

    ってことは...

    --- まとめ --------------------------------------------------------------------

    ■つまり、確実なのは先頭から 120GB のパーティションまで起動ディスクとして認識し、ブート切り替えができた。
    先頭から 160GB からのパーティションに入れた OS では起動できなかった。
    ( 例の起動ディスクでは選択できるがスタートアップマネージャーには出てこない。ってやつ。)

    ■NCQ ありのバラクーダではセカンドパーティションが 120GB からでも認識しなかった。

    ■NCQ なしの日立では セカンドパーティションが 120GB からでも認識し、ブート切り替えができた。

    ■NCQ なしの日立では 先頭から 120GB 以内に三つ目のパーティションがあれば、3 OS で起動できた。


    ※ 検証できたのは、先頭から 120GB 以内は OK で、先頭から 160GB では NG ということだけなので、
    正確な際の値はわかりません。
    先頭から 121〜159GB の間から始まるパーティションで起動できるのか?についてはグレーです。


    とまあ、当時には無かった未来のフォーマット、1TB HDD だからね、予想外の事態があるんだろうねえ。
    まあ最終的に 3 OS でブート切り替えは達成できたので、時間がかかったけど良しとしますか。

    しかし意地になって検証しちゃったよ、どなたかのお役にたてるといいんだけどねー。

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.hsw-web.com/trackback/1028182

    トラックバック

    ▲top