裏 HS Works

日常の痛いひとりごと

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< トランスフォーマー リベンジ / タカラ・トミーのおもちゃ | TOP | Little Phatty シリーズのアップグレード >>

2010.01.26 Tuesday

近年の 3D 映画事情

0


    昔の 3D と言えば、赤青のフィルムが貼ってあるぺらぺらのアレだよね。
    近年はいろんな方式があるらしいのでググったんだけどイマイチわからなかった。

    RealD 方式
    05年の「チキンリトル」で採用された円偏光眼鏡を使った現在一番復旧している方式らしい。

    Dolby3D 方式
    07年に登場し、光を6波長に分光し交互に左右に振り分けるもの?あの赤青メガネをより自然にしたイメージ?
    よくわからん...

    XpanD 方式
    わりと新しめでシャッター方式?の3Dメガネには電池が内蔵されていて?レンズ部分が液晶シャッターになっていて?右目の映像が出る時に右目用の円偏光フィルターを付けて左目の映像が出るときに左目用の円偏光フィルターを付けて?これを一秒間に144回繰り返します。
    はい、思考停止しました。まったくわからん...

    IMAX 3D 方式
    これは右目用左目用2台のプロジェクターを使うため画面が明るい?
    まあ、IMAX 専用シアターで IMAX ムービーを観るのだから最強とのこと。別次元らしい。

    というわけで、新技術を体験したーい!と思ったら国内では4か所のみ!
    ちょっと割高なのと、首を傾けるとゴーストが出やすいとかで、まっすぐに観てないとならんらしい。
    アバターって3時間くらいあるの?そりゃきついなあ...

    百聞は一見にしかず。仕事上でも観とくしかないかなー。
    どうせならトランスフォーマー・リベンジ観ときゃよかった。アバターは正直、あまり心踊らないな。
    っていうか、「ロボ芸者」観たいんですけど。IMAX 3D なわけねーしな!(^_^;

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.hsw-web.com/trackback/968771

    トラックバック

    ▲top